沖縄県立やえせ高等支援学校

手打ち沖縄そば作り体験

平成2969日(金)、生産技術コースの生徒を対象に沖縄県生麺協会より講師を招いて「手打ち沖縄そば作り」教室を行いました。この講習会では沖縄そば(麺)作りに必要な原材料や製造工程を学び、今後の学習活動に役立てることを目的としています。

 

粉とかん水を混ぜ、力を入れてこねたり、めん棒を使って生地を均一にのばす作業は正直大変でしたが、ゆであがった麺をスープでいただくと格別の美味しさでした。

 

生産技術コースでは今回の講習会を機に更に充実した沖縄そば(製麺)作りに取り組んでいきたいと思います。






NIE出前講座~お出かけりゅうPON!~

去った6日(火)、やえせ高等支援学校1・2年生を対象に"NIE出前講座"が行なわれました。新聞の仕組みから「伝える工夫」を学習し、「見出しは10文字程度がいい」ことや「スポーツ欄には写真がたくさん使われている」ことや「全面広告欄がある」ことなど、たくさんの新しい発見がありました。最後は、"新聞記者になろう!"ということで、生徒一人一人が記者になってお互いにインタビューし合い、取材したことを記事にまとめました。生徒からは「ニュースより新聞の方がわかりやすい気がする!」という感想もあり、今まで新聞をあまり読まなかったけど、「新聞に興味をもった」「新聞を読んでみようと思った」という意識の変化が見られました。

  

やえせ通信NO2

やえせ通信NO2ができました。

ここをクリック!

カフェの視察に行ってきました!

「気持ちを表現しよう」

国語の授業で「気持ちを表現しよう」の学習を行いました。




携帯やスマホなどで顔文字を使って気持ちを表すことがよくありますが、笑顔の顔文字1つにしても捉え方がいろいろあります。

「楽しい」「嬉しい」と表現することは一般的ですが、額から汗が流れていれば「パニクってる」或いは「苦笑い」となるかもしれません。涙を流していれば「おもしろい」の最大級表現かもしれませんね。「涙が出るほど楽しい」という表現にもなるでしょう。気持ちを表す言葉は単に「楽しい」「嬉しい」「悲しい」だけではなく、表現一つで感情の幅が広がったり、全く違う気持ちの表現になったりすることがあります。

人によって捉え方が異なり、トラブルの原因になることもしばしば。いろいろな感情表現を身につけて、自分の気持ちを適切に表現することって大切ですね。

やえせ通信NO1

部活動紹介

去った4月7日(金)、平成29年度入学式が行なわれ、やえせ高等支援学校2期生が10名、入学してきました。1期生の10名に新たに新入生が加わり、活気に満ちた新学期がスタートしています。そんな中、早速「部活動紹介」が行なわれ、それぞれの部が趣向を凝らした紹介に大いに盛り上がりました。今年度は、やえせ高等支援学校から新たに「駅伝部」を立ち上げ、南部商業の生徒に向けても発信した結果、南部商業生徒からも入部希望がありました!また、本校の新入生もダンス部やテニス部、バドミントン部等に仮入部届けを出し、これからの高校生活に胸を膨らませています。

 

【やえせから発信!「駅伝部」の紹介です】 

【ダンス同好会:南商生と一緒に勧誘しています】

ビジネスマナーの学習

今年も南部商業の生徒と一緒にビジネスマナーについて学習しています。

写真は接客十大用語の練習の様子です。

お辞儀の角度まで丁寧に指導しています。

ビジネスマナーの学習に力を入れているのは、

南部商業高校と併設している本校の大きな特色の1つです。



やえせ高支・南商合同 生徒会対面式・入会式

生徒会の進行のもと、じゃんけんゲームやタオル回しゲームを行い、新入生の緊張を和らげながらも、暖かい歓迎ムードの中で行われました。

やえせの生徒たちも最初は緊張していましたが、ゲームの途中からは和らいだ笑顔が出ていました。

南部商業の先輩や同級生たちと「共に学び、共に成長する」学校生活を送って欲しいと思います。

やえせ通信更新しました。

18号

今年度最終号です!

アーカイブ