沖縄県立やえせ高等支援学校

「気持ちを表現しよう」

国語の授業で「気持ちを表現しよう」の学習を行いました。




携帯やスマホなどで顔文字を使って気持ちを表すことがよくありますが、笑顔の顔文字1つにしても捉え方がいろいろあります。

「楽しい」「嬉しい」と表現することは一般的ですが、額から汗が流れていれば「パニクってる」或いは「苦笑い」となるかもしれません。涙を流していれば「おもしろい」の最大級表現かもしれませんね。「涙が出るほど楽しい」という表現にもなるでしょう。気持ちを表す言葉は単に「楽しい」「嬉しい」「悲しい」だけではなく、表現一つで感情の幅が広がったり、全く違う気持ちの表現になったりすることがあります。

人によって捉え方が異なり、トラブルの原因になることもしばしば。いろいろな感情表現を身につけて、自分の気持ちを適切に表現することって大切ですね。